NEWS LETTER

ニュースレター

ローマンシェードのお洗濯、取り外し方について

2022. 02. 28 Mon

CURTAIN白金店

パタパタとたたみ上げることで採光を調整するローマンシェード。

コロニアルチェックのローマンシェードはニチベイというブラインドメーカーのものです。シェードの裏を見れば沢山の紐がつながっていて、取り外しが難しそうですが簡単に取り外しクリーニングして頂くことができます。

埃は生地の劣化の原因になりますので 定期的なクリーニングがお勧めです。

 

では 一緒に取り外しをしてみましょう。

①ローマンシェードの生地は一番下まで降ろして頂いてから作業をしていきます。

 

②生地の一番下の袋縫いからウエイトバーを抜く。

 

③生地裏下部のコードホルダーEより コードホルダーAを取り外す。

 

 

固く取り外しがしずらい場合もあります。 コードホルダーEは現行の形です。(古いメカをお使いの場合 長方形の箱に矢印が付いたようなものがついています。)

コードホルダーE 上部の溝よりコードを手前にひくと取り出しやすくなります。

 

④上部をメカから外す。

 

⑤取り外した生地はクリーニング業者様にお持ち込みください。

リングカンは簡単に取り外しができる仕組みになっていますが、取り外しが必要なクリーニング業者様と必要でない業者様と別れているようです。

 

⑥また クリーニング中は操作用の紐やボールチェーンは動かさずにそのままにしてください。動かしてしまうと、コードがメカ内に巻き込まれ修理が必要になる場合があります。

 

クリーニングから生地が戻ってきたは下記の要領でお取付けください。

①生地上部をメカに張り付ける。

②コードを生地の上部のリングカンから下まで通す。

③コードホルダーAをコードホルダーEにパチンと音がするまで押し込みとりつける。

④ウエイトバーを生地の下部にいれる。

 

ローマンシェードの生地をお取り替えの希望の方は

①ウエイトバーに記載されている情報シールの寸法をご確認ください。

②カットサンプル、お見積りはホームページよりご依頼頂けます。

③お部屋のお写真等をお送り頂ければスタッフがコーディネートの相談も承ります。お気軽にご相談ください。

 

パーツのご注文

コードホルダーE   ¥209(190)

コードホルダーA   ¥154(140)

リングカン      ¥110(100)

メールやお電話にてお名前、ご住所、お電話番号、必要パーツと個数をご連絡ください。

お問合せ先 cc@pennywise.co.jp  / 03-3449-4568

 

■ その他のNewsletter

<< Next Newsletter
鮮やかで上品な厚地リネン
Prev Newsletter >>
クロスエプロン 入荷しました
pageTop
since1993