NEWS LETTER

ニュースレター

白金店 コロニアルチックなディスプレイ

2017. 05. 04 Thu

FABRIC白金店

shop2017.4

 

ショーウィンドウ前の白い壁にアンティークのウォールラックを設置し、お勧めの生地たちを下げてみました。

今回のショップディスプレイのテーマはビンテージシック。アンティークのオークテーブルとその色に合わせたダーク色のオールドパインキャビネットをチョイスしコロニアルチェックのファブリックとコーディネイト。

シックなアンティークのある空間にあう生地をご紹介いたします。

 

shop2017.4-2

 

左から 家具を引き立たせるLina Marine 3ネイビービックストライプをチョイス。 次はコロニアルチェック流に男性的な印象を強調しないようにShabbychic Rose Blueで甘さを加えました。そしてこのふたつの生地を調和させるため曖昧なブルーグレイが絶妙なNaturals Aereoを。次に、白地にネイビーストライプのLina Marine 1 と、最後はコットンのネイビーストライプAKA 3で全体を引き締めました。

コロニアルチェックの人気のストライプと 優しい色合いの無地や甘い花柄を合わせる。これぞコロニアルチックなチョイス。 壁に掛けた生地と家具は季節ごとに変えてご提案しています。同じ空間でも雰囲気ががらっと違って見えてきます。

ストライプのテーブルランナーは、LIBECO社の新色です。テーブルリネンも加えて優しいコロニアルチックな食卓の出来上りです。

 

重厚感のあるオークテーブルは 推定1900年初頭に作られたイギリス製。 幅広で厚みのある無垢材をふんだんに使ったアンティークならではの仕様です。 合わせたビンテージのアーコールチェアはそのデザインはもとより座ってみると実感するホールド感が魅力です。 キャビネットは推定1920年代のフレンチアンティーク。 アンティーク家具のコンテナは毎月勝どきウエアハウスに届きますので アンティークのページもぜひ覗いてみてくださいね。

 

 

■ その他のNewsletter

2684-a
<< Next Newsletter
とりもと硝子店さんのピッチャーと風鈴
名称未設定 1
Prev Newsletter >>
LE CAFE DU BONBONさんのワークジャケット
pageTop
since1993