NEWS LETTER

ニュースレター

とりもと硝子店さんのピッチャーと風鈴

2017. 05. 05 Fri

EVENTSMALL ITEMS

2684-a

 

とりもと硝子店さんから ガラスのピッチャーが届きました。

とりもと硝子店さんでは 独自の配合で10種類以上の原料を調合し しまい込まずに日常の生活でどんどん使ってほしいという思いのもと 丈夫で透明感のあるガラスにこだわって作品作りをしています。

 

お花を飾った時に 花止めにもなる片口のピッチャーは お花を飾ったりドレッシング入れにしたり、 ミルクピッチャーとしても。 ガラスの作品たちは使っている時でもその美しさにうっとりしまうことがあります。ふとした瞬間ですが気持ちが豊かになりますね。

 

 

花

 

Parrot pitcher         ¥5,500+税                                                              

 

湖面に物を投げた時に広がる水の波紋をモチーフに作られている 「遊水」。

水の動く様子を感じながらお料理を盛り付けしたり お花を飾ってみたり・・・。これからの季節のテーブルを優雅で美しく彩ります。

 

 

名称未設定 1

 

遊水の片口      幅140㎜×65㎜×高さ75㎜  ¥4,000+税

遊水の鉢 (小)    幅150㎜××高さ40㎜      ¥3,200+税

 

 

 

リネンへの思い by  鳥本由弥さん

長年の友人が、必ず旅に持っていくものがある。それは洗いざらした1枚の白いテーブルクロス。「いつもの場所があると安心するから」と旅慣れた友人の言葉。

見知らぬ土地との出会いの中で時折広げるテーブルクロス。食卓はほっと一息をつける場所に。

ライナスの毛布にも似た1枚の旅するリネン。私もそんなリネンとの出会いを楽しみにしています。

 

 

 

また 人気の風鈴も入荷しました。風が吹く度に優しい音を奏でる風鈴。 風受けにユウカリの葉も新しく加わりました。

今年も風と一緒にふんわりとした音色が心に響きますように。

 

 

DSC_0021 - コピー

 

 

 

d (2) 

風鈴  ¥3,600+税

 

花やリネンに合わせた時のことを考えて作って頂いた花器や風鈴などの作品は、 5月12日(金曜日)からの花とリネンのイベントに合わせて販売をスタートさせて頂きます。是非お気に入りのひとつを見つけにいらしてください。

 

R0125622 - コピー

 

とりもと硝子店

鳥本雄介   

1975年 神戸市生まれ 大阪芸術大学デザイン学科卒 印刷会社勤務を経て

2000年 晴耕社ガラス工房入社 荒川尚也氏に師事

2015年 独立 とりもと硝子店を開窯

 

鳥本由弥

1978年 大阪府生まれ 京都造形芸術大学美術学部 彫刻コース卒 

    富山ガラス造形研究所卒

2005年 晴耕社ガラス工房入社 荒川尚也氏に師事

2015年 独立 とりもと硝子店を開窯 

■ その他のNewsletter

エプロンa
<< Next Newsletter
新作エプロンのご紹介②
HOME-2017.4
Prev Newsletter >>
白金店 コロニアルチックなディスプレイ
pageTop
since1993