リネンとコットンの話

LINEN & COTTON

コロニアルチェックのCotton

 

コロニアルチェックのコットンは 糸を木桶で染めて天日で干す 「先染め」製法にこだわっています。手間のかかる作業ですが 織り上がりの微妙な色のグラデーションは プリント地ではかなえられないもの。

デザインは英国のトラディショナルな パターンを所有するロンドンのスタジオで指定され 工房に届けられます。さまざまな色に染められた糸は昔ながらの伝統的な 「ハンドルーム(手織り機)」で織りあげられます。

手間のかかる手織りのプロセスは 熟練した技術に加えてある種の忍耐を必要とする作業。織れるスピードは1時間でたった数メートル。 オートメーションの高速機が主流の時代に ずいぶんとのんびりなペースでありますが その表情豊かなテクスチャーと深みのある色合いは機械織りでは決して得られない貴重なものです。

豊富なバリエーションからお好みの生地でイメージに合わせたコーディネイトが思いのまま。

コットンストライプロール

pageTop
since1993