CURTAIN STYLE

カーテンスタイル / 価格

新しいお部屋のカーテンはどれにしよう?いざ決めるとなると、そう簡単ではありません。まずは様々なカーテンスタイルをチェックしましょう。第一印象でピンとくるスタイルを見つけて、心地よい空間づくりの第一歩を踏み出してください。

2本プリーツカーテン

Pleats Curtain

二つ山のプリーツを寄せたボリューム感のあるデザインです。裾幅はレール幅の2倍程度に仕上がります。生地のやさしい質感が生きる定番スタイルです。

薄手で柔らかい生地は ふんわりとした美しい何層ものひだの波が生まれ、厚手のしっかりとした生地は 張り感のあるドレープが重厚で高級感のある窓辺を演出します。選ぶ生地によりそれぞれ違う印象の空間となります。

どんな空間にもよく合う定番スタイルです。

 

 

1本プリーツカーテン

Pleats Curtain

一つ山のボリュームを抑えたシンプルなカーテンです。裾幅はレール幅の1.5倍程度に仕上がります。 窓周りをすっきりとまとめたい方におすすめのスタイルです。

ボリュームが控えめなので、ストライプやチェックなどの柄がくっきりと映えます。また、ボリュームの出やすい厚地の生地や張りのあるリネン素材を使用してももたつきが少なく、生地の風合いが強調されるカーテンスタイルです。  

 

フラットカーテン

Flat Curtain

プリーツを寄せない、ボリュームをおさえたシンプルなシルエット。レール幅の1.3~1.5倍ほどの仕上がり幅となりすっきりとした空間を演出します。

シンプルでシャープな空間がお好みの方や、生地の風合いを強調させたい方にお勧めのカーテンスタイルです。少なめのボリュームで生地の風合いや色柄が強調されます。

アイアンレールなどの装飾レールに合います。  

ギャザーカーテン

Gather Curtain

やわらかく繊細な生地に適したスタイル。レール幅の2.5~3倍のたっぷりとしたギャザーを寄せて、ドレスのように華麗なスタイルで空間をコーディネート。

細かいヒダが寄り集まって床へと落ちていくドレープは、ふわふわの純白の波を幾重にも作り出します。うっとりするほどしなやかなラインは、多くの女性を魅了してやみません。 お勧めはモスリン素材の薄地ですが、ふわふわの薄地ドレープ・リネン素材も素敵な仕上がりになります。

ハトメカーテン

Eyelet hole Curtain

ポールに直接カーテンを通す、シンプルながらハトメが印象的なカーテンスタイル。ミニマムなテイストは ユニセックスな空間によく合います。中位~厚手のカーテンに適しています。

リボンカーテン

Ribbon Curtain

ボウタイ付のリボンカーテンは、お部屋のキュートなアクセントになります。レール幅の1.3倍前後の仕上がり幅。

カーテンの上部に切り替えを入れ、生地の途中にギャザーを寄せるリボンギャザーカーテン(写真)などのアレンジもできます。リングランナーに結んだり ポールに直接結んだり、またボウタイも太くして片結びにすると印象も変わるリボンカーテンになります。

タッセル / ボウタイ

Tassel / Bowtie

カーテンをサイドにすっきりとまとめる際のアイテムです。カーテンの共布でのご用意となります。

タッセルはフックに固定する太めの帯状のもの。シンプルな形で、一般的によく見られるのがこのタイプです。   ボウタイは共布のリボンをリボン結びすることでカーテンをまとめます。

pageTop
since1993