BLOG & COLUMN

ブログ & コラム

硝子のランプシェード

2016. 11. 14 Mon

作家さんのこと

お部屋のインテリアの中で大きなウェイトをしめる ランプシェード。

とりもと硝子店のランプシェードが入荷しています。

繊細なガラスの作り出す雰囲気はシンプルでスタイリッシュです。

 

秋から冬に近づくこの季節、ウィンドゥ越に眺めるランプシェードはとても美しく ぼんやりと眺めてしまうことも。。

とりもとさんのこだわりは約10種類の材料を独自の配合でブレンドすることで 丈夫で扱いやすいなどの機能美と毎日の生活の中でガラスの美しさに何か感じて頂けるようにガラス本来の純粋な透明感を追求しているところです。

 

ガラスを通して感じる光は暖かく、そしてとても優しく空間と毎日のくらしを照らします。

毎日のくらしが同じようで毎日違う様に、ガラスを通して感じる灯りや表情は日々違って見えることもあると思います。その時々のくらしに寄り添うような作品作りが とりもとさんの大切にしていることの1つです。

 

鳥本1 

 

コロニアルチェックではランプシェードの灯具は60W の3点止めのものをご用意しています。ダイニングの上につけられる際は2つか3つわざと違う形を掛けられてそれぞれの表情を楽しまれるのもお勧めです。

玄関や洗面台に1つだけお気に入りの1つを吊るされるのもお勧めです。

 

硝子の透明感をそのままに塩の結晶を表現した Salty(ソルティ)。

雪が吹き 舞い降りる幻想的な世界観をガラスの中に閉じ込めた 吹雪(ふぶき)。

 

日本の四季折々の風景や自然の様子を表現された作品は デザイン性を持ちながらも

お部屋にシンプルに溶け込み調和します。

 

 

 

tori

 

左から 吹雪(閉) ¥9,000+税 (灯具¥3,900+税)

中   Salty (閉) ¥9,000+税 (灯具¥3,900+税)

右   Salty (開) ¥9,000+税 (灯具¥3,900+税)

サイズ 幅100㎜ × 高さ110㎜ 前後

 

鳥本3

 

ひとつひとつ、サイズや形が微妙に違うのも吹きガラスの特徴です。

自分だけのお気に入りの作品を探してみてください。

作品は白金店 神戸店 オンラインショップにてご覧になれます。

 

 

鳥本4

 

とりもと硝子店

京都の山あいの工房で10種類以上の原料を自家調合し、ガラスの強度や透明感のある輝きなどにこだわり、吹きガラスの作品作りをされています。

 

 

 

 

 

■ その他のBlog

blog-shirokane-top
<< Next Blog&Column
スーパームーンの後のプラチナ通り
名称未設定 1 (2)
Prev Blog&Column >>
色々なカフェカーテン
pageTop
since1993