BLOG & COLUMN

ブログ & コラム

ハウススタジオでの撮影が今年も完了しました。

2016. 06. 23 Thu

日々のこと

毎年恒例となったハウススタジオでの撮影は今年で4回目で、一年の重要な行事のひとつとなりました。今回の撮影スタッフは5名。そのうち4名は女性スタッフで、様々な画像を3日間の間に撮っていきます。

スタジオに到着後、まずはスタジオ内に置かれている家具を移動し、トラックいっぱいに運んできた撮影用の家具や小物類に入れ替えて配置をします。

家具の配置が整ったら、今度は小物やカーテンを取り出してアイロン掛けを。まるでお引越し並みの作業です。

IMGP8954

 

そうして作業をしているうちに時間はあっという間に過ぎていき、気がつけば夜になっていました。

7時を超えた頃、窓の外に大きな破裂音がして視線を移す。と…、何とそこに見えたのは大きな花火でした。私たちの目線の少し上にあがって、心臓まで届く音を鳴らし始めます。

 

IMG_0346

 

IMG_0347

 

こんな時期に花火大会があるなんて、私たちはなんという幸運なのでしょう。

しばし作業の手を止めて、花火の躍動に立ち尽くすスタッフ達。夜空に広がるダイナミックな花火は、一足早い夏気分を味わせてくれました。

これで明日からの撮影を頑張れそうです。

 

IMGP9194

 

そして翌日、早朝から各ブースに分かれて撮影を進めていきます。

現場に泊まり込んでいるのは女性スタッフですが、全員が体力には自信あり。一か所で撮影を終えると、大きな家具を運んで別のブースへ移動します。

 

20160604_102533

 

別のブースでは、スモールアイテムの撮影をしているところでした。

 

zushi-2

 

その窓際では、こんなシーンの撮影も。

 

zushi-3

 

撮影の2日目は、遠目に見える海がこんな色をしていました。グレー一色の空とは裏腹に、ハウススタジオの中は活気のある声と笑いが響いていました。

ハウススタジオで撮影した写真は随時ホームページにアップしていきます。この写真はもしかしてハウススタジオで?なんて思いをはせながら、ホームページを見て頂けると嬉しいです。

 

                            白金店 Chie

 

 

 

 

■ その他のBlog

名称未設定 1
<< Next Blog&Column
物に愛情をかけること
R0125622 - コピー
Prev Blog&Column >>
とりもと硝子店を訪ねました。
pageTop
since1993